スタッフブログ

白糸レンタルカート部門スタッフによるブログ

記事一覧

レーシングカートレンタル

今日は静岡県西部から、中学生のお子さんとお父さんが仲良く遊びに来てくれました。

まずはレンタルカートで走ってもらい、その後、レーシングカートレンタルにも挑戦してくれました。

レーシングカートレンタルは誰でも乗れるわけではなくて、レンタルカートである程度のタイムが出せないとご案内出来ません。

今日のお二人はかなりセンス良く走れたので、無事に走ってもらえました。

白糸スピードランドはレーシングカートコースですので、レーシングレンタルはかなり面白いと思います。

さらに、今日もマンセルさんが来てくれたので、またしてもレーシングに挑戦です。最近、レーシングレンタルの登場が少しずつ増えて来ています。当店のレーシングレンタルはそのままレースに出場しても、それなりに走れるくらいのパフォーマンスがあります。それを確認するためにボス猿が走行の合間にマシンチェックで走りました。最近は白糸でレーシングカートで走るボス猿はレアです。すでに絶滅危惧種に指定されているボス猿なので、生で見れた今日のお客様はラッキーです。きっとなんらかの幸せが訪れると思います(ウソです。)

そんな訳で、レーシングの面白さに嵌まり始めたマンセルさんです。

今日は平日の割りには沢山のお客様が遊びに来てくれました。数組の方が一緒に走っていたので、最後はボス猿も混じって、模擬レース形式で走りました。

完全に模擬なのですが、やはりレース形式だと面白さが倍増するみたいです。

最後の模擬レースに参加してくれた方達は今度は本番のレースに参戦お待ちしています。

  • 2010年05月31日(月)21時58分

レディースドライバー増える。

今日は近隣の方や遠方の方、色々な地区の方が多数お見えになって、賑やかな一日になりました。

そんな中、女性ドライバーもチラホラ増えてきて、中にはかなりのタイムで走る方も見受けられました。

まだ、レースには参戦してくれた方はいませんが、次回辺りに是非レディースドライバーのレース参戦を期待したいと思います。

そろそろランキング表にレディース部門を設けなければならないと思っています。まずは誰がレディース部門のレコードホルダーになるのか?楽しみです♪

  • 2010年05月30日(日)19時17分

マンセルさんは速かった!

今日はマンセルさんが練習に来てくれました。まずはワンセクション走った後に、「レーシングカートのレンタルに乗れる?」との事。

「もちろんです!」と、その後のレンタルはレーシングカートに変更です。タイム的に約9秒速いので、かなり体力が厳しいレーシングレンタルです。

速度感の違いに戸惑うと思ったのですが、最初からハイペースで周回します。

そして、目標タイムにあっさりと到達して、そこから2秒も詰めちゃいました。

持っているポテンシャルはかなり高そうなので、色々なカートに乗ることによって、本番のレンタルで大幅タイムアップになるかもしれません。

練習熱心なマンセルさんですから、是非そうなってもらえればと思います。期待しています♪

  • 2010年05月28日(金)22時21分

動画

ギャラリーに白糸シリーズ第3戦レンタルカートレースの動画をアップしました。

  • 2010年05月28日(金)22時18分

貸切日

昨日は埼玉の(有)ケーズアップ様がレンタルカートとレーシングカートのレンタルカートで一日、皆さんで楽しまれました。

午前中はフリー走行が中心でしたが、お天気が心配だったので、予定を繰り上げて途中からレンタルカートのスプリントレースを行いました。

3グループに分かれてのスプリントレースはフリー走行のタイムを元に、クラス分けしたために、どのクラスも白熱したレースになりました。

特に、一番速いクラスの上位陣はかなりのスピードでそのまま今週末のレースに参戦して頂いても、十分にトップ争い出来そうでした。

午後からはレンタルカート耐久を予定していたのですが、心配していた雨が降り始めて、みなさんちょっと心配される中、レースは決行されて、以外にグリップするレンタルカートに驚かれていました。

無事に1時間の耐久が終わったのですが、かなり面白かったらしく、雨が強まる中でおかわりの30分耐久が追加となって、見学の女性陣のブーイングの中、2レース目の耐久がスタートしました。

これも、何事も無く無事に終了して、みなさんお腹一杯でお帰りになりました。「次はもっと大人数でやりたいですね。」と仰ってましたので、次は快晴の中で楽しんでもらいたいと思います。

しかし、やっぱりレースは面白いんですね。雨が降る中で合羽も着ないで、ずぶ濡れになりながら2レースも耐久をやるんだから女性陣じゃなくても、好きな人にしか理解出来ないかもしれません。本当にみなさんお疲れ様でした。

  • 2010年05月20日(木)17時42分
Web Diary