スタッフブログ

白糸レンタルカート部門スタッフによるブログ

記事一覧

有難い事に。

白糸シリーズ第4戦のエントリーが昨日から開始になりました。人気の耐久レースは、今までの3戦も、エントリーが超過してしまったのですが、今回は、新しいチームが続々とエントリーしてくれて、初日で11台が埋まってしまいました。残る枠は1台です。早い者勝ちとなりますので、検討されている方はお急ぎ下さい。

さらに、スプリントの方も出足好調です。こちらも予定台数に達してしまった場合はそこで、いったんは終了となります。あとはキャンセル待ちになってしまうので、耐久とダブルエントリーを予定している方も含めて、早い時期のエントリーをお願い致します。

今日は天気予報が素晴らしく悪かったので、「まず、雨だな。」とのんびりしていたら、予報と違って、雨は早朝で上がります。

「これは、イカン!」と急いで白糸に向かうと、すでにお客様が待っています。遠く、藤枝から遊びに来てくれたので、ドライ路面で走ってもらえて良かったです。

前日の天気予報が悪いと、雨が降らなくても、お客様が雨だろうと判断して、遊びに来てくれる方が激減する事が多いんですが、こんなに悪い予報だったのに、今日も新規のお客様が来てくれました。

明日も、あまり良さそうな予報ではありません。お客さん来てくれると良いんですが。。。。

  • 2010年06月14日(月)21時33分

セナ VS マンセル!

今日はマンセルさんとアイルトン太田さんが遊びに来てくれました。この二人はニックネームの関係で、なんとなく気に留めあっていたみたいで、レースで顔をあわせて以来、お互いにライバル心があるみたいです。

そんな二人が同じ日に走りに来たんで、早速一緒に走行です。

最初のセクションは距離を取って走っていました。タイムはほぼ同じとなんだかとっても面白そうです。次のセクションは殿下さん達も交えてレース形式で走りました。

さてレース結果ですが、注目のセナ対マンセル対決はアイルトン太田さんが序盤にスピンを喫してしまい、あっさりと勝負あったかと思いましたが、マンセルさんもファイナルラップの攻防でスピン!あきらめずに追い続けていたアイルトン太田さんが、マンセルさんの前に出ます。そして、そのままフィニッシュとなって、アイルトン太田に軍配が上がりました。

でも。。。。二人ともスピンしたので、ビリとビリ2番でした。。。。次回は熱くなり過ぎずに、ファイナルラップを団子状態で迎えてもらって、最後まで盛り上げてもらいたいですね。

今日も、以前にグレンブルーでレーシングカートをお買い上げ頂いて、走行していた方が久しぶりに遊びに来てくれました。そしてもちろんレンタルカートで復活してくれました。かなりのブランクがあったと思うのですが、流石に経験者ですので、いきなり良いタイムで走ります。あとは、細かいポイントでレーシングカートとレンタルカートの違いを手直しすれば、またしてもレースで上位入賞可能なドライバーが誕生しました。

今日はお友達を引き連れて、来てくれてので、耐久チームも簡単に出来そうです。

毎週のように、新規の方が現れて、好感触でお帰りになります。すでにレース参戦も視野に入れてくれている方も多くて、なんとなくブレイク3歩手前くらいの感覚です。(早く1歩手前って言いたい。。。。)やはりレーシングカートコースの白糸でレンタルカートをやったら面白いだろうなと思った僕の考えは間違っていなかったみたいです。

まだまだ浸透していませんが、今のところ、走ってくれた方はかなりの確立でリピートしています。やじろべえさんのように、遠方から遊びに来てくれるレンタルの達人さんもいらっしょいますので、こうしたレンタルの事を熟知さた人に面白いと言ってもらえる事はとても自信になります。

これから、もっと広く一般の人に認知してもらえたら、一気にブレイクしてくれるかもしれません。頑張ります!

  • 2010年06月06日(日)19時07分

やじろべえさん現る!

今日はやじろべえさんが、久しぶりに遊びに来てくれました。

やじろべえさんはまだ雪が降るような寒い時期に突然やって来て、当時のコースレコードをぶっちぎりに更新してしまったツワモノです。

その後、かなりの期間をレコードホルダーとして、君臨していました。そして現在もしっかりとランキング2位の座を確保しています。

今日は、ちょっと暑くて、タイム更新はどうかな?と思っていたのですが、やはりやじろべえさんのアタックはレコード更新とはなりませんでした。

それでも、かなりの好タイムを連発して、その後、早々に走行は終了です。その後、他のお客様の走りを観察したり、雑談したりしながら過ごされていたのですが、10人グループがこちら向かっているとの情報が入ると、「お手伝いしましょうか?」ととてもありがたいお言葉。

平日なので、すっかり手薄です。10人もの団体さんに来てもらっちゃうとちょっと大変なので、お言葉に甘えちゃいます。

今日は、県西部から遊びに来てくれた3人組みさんも精力的に走っていました。10人組みさん達はレースパックで遊ばれたので、その合間に3人組みさんも走って、タイムのプリントアウトやら、レースの準備やらで、てんてこ舞いでした。

そこに、マンセルさんも現れて、しっかりと手伝ってもらいました。最後に、やじろべえさんがレーシングカ-トレンタルに挑戦です。

レンタルカートとはかなりの違いがありますが、やはりセンス良く、すぐに対応しています。タイムも十分なものが出て、恐るべし!やじろべえさん!って感じです。レースエントリーも検討してくれているみたいなので、実現すると白糸シリーズの上位陣の層が厚くなって面白さが増しそうです。かなり楽しみです。

そして、今日の3人組みさんは耐久レースにもエントリーされるみたいです。こりゃ、本当にエントリー超過が過去最高になりそうです。嬉しい限りですが、ランキング上位チームはくれぐれも早めのエントリーをお願いします。

  • 2010年06月04日(金)21時51分

競争なら。。。。

今日も、沢山のお客様が遊びに来てくれました。

レースに参戦している常連さんに、初めて走りに来てくれた方と色々ですが、みんなとても楽しそうです。

常連さんが集まると、最近恒例になっている、模擬レースが始まります。

タイムを削るために、あれこれ考えながら走るのも楽しいのですが、やっぱりレースが面白いみたいです。ようするに競争は楽しいって事ですね。

レーシングカートを持っている人やレーシングカートのレースに出ている人にしたら、レンタルカートは遅く感じますが、タイム差が無くて、接近戦で遊べるレンタルカートでレースすると、それはそれで十分に面白いみたいです。

最近は土日はそれなりに混んで来たので、走行台数の少ない、平日にみんなで模擬レースも良い感じです。リクエストがあればボス猿も混じります。でも、ボス猿はお客様でも容赦なくブチ抜く男です。商売上はお客様に花を持たしたほうが良いのですが、空気が読めない上に、究極の負けず嫌いなので、レースと名が付くと、先頭でフィニッシュしないと気がすまないみたいです。

最近はみんなのレベルが上がってきているので、その内、ボス猿をぶち抜く方が出てくると思います。それはいったい誰になるでしょう?練習熱心なマンセルさん辺りかもしれません。楽しみです♪

  • 2010年06月02日(水)21時50分

賞金♪

今日も中学生のお子さんとお父さんの親子コンビが遊びに来てくれました。昨日の方達とはまた違う方達なのですが、学年は同じみたいでした。

お父さんはレーシングカートに乗っていた方なので、息子さんが走る姿にちょっと不満そうでした。

原動機が付いた乗り物に乗ったことがないジュニア君はいきなりは速く走れません。最初のセクションが終わって、ピットに戻ってきた息子さんに向かって、「60秒を切れたら、お小遣いを1000円あげる!」とわかり易いにんじん作戦でタイムアップを狙います。

最初のセクションのベストラップが81秒だったので、20秒以上のタイムアップを果たさなければ、賞金1000円は手に入りません。お父さん的には、そんなに一気にはタイムアップしないだろうと思っていたようですが、そこは伸び盛りのジュニア君です。「意外と行くんじゃない?」と僕は思っちゃいました。

2セクション目に突入した途端に、かなりアクセルを踏むようになります。そして、あっさりと58秒台に入れて、賞金1000円ゲットとなりました。

元カートドライバーのお父さんも一緒に走り、48秒台のタイムを出していたのですが、「よ~し!55秒を切ったら、もう500円だ!」とさらなる賞金を積み上げます。

そして、最後の3セクション目になり、ここでもしっかりと54秒台で走って、またしても賞金獲得です。

お父さんのコメントです。「いや~、最後は500円にしといて良かった♪」

それにしても、ジュニア君の感覚は鋭くて、エンジンの付いた乗り物なんて乗ったことがないにも拘わらず、大人顔負けのタイムアップをしちゃうんですよね。さらに、大人が壁に突き当たっても、ジュニア君は壁にもならずにどんどんと行っちゃいます。

今日の親子ペアはご近所さんらしいので、また来てくれるようです。次は何秒まで行くかな?楽しみです。

  • 2010年06月01日(火)19時59分
Web Diary